借地権の売却に際する専門家への相談料・調査費用・弁護士費用は全て当社が負担します。売却時の仲介手数料も売主である借地権所有者様からは頂きません。

各分野の専門家である私たちが問題解決に取り組みます。

通常の不動産に比べて評価や権利調整が難しい借地権は、更新時や売却の際にトラブルになりやすく近年ご相談件数が非常に増えています。
私たちセンチュリー21の専門家は、借地権・底地権の売買仲介を専業としており借地権所有者(借地人)と底地権所有者(地主さん)の間を取り持つ重要な役割を担い、最適な売却方法をご提案いたします。

このような借地権に関するお悩みを売却により早期解決します!

このようなお悩みを抱えている⽅はご相談ください。

  • 借地権付き建物を売却しようとしたが地主さんの承諾が得られず困っている。
  • 借地権を相続したが、不要なので今すぐ売却したい。
  • 地主さんが契約の更新を嫌がって⼟地を返還してくれと⾔ってきた。
  • 地主さんから地代の値上げや⾼額な更新料を要求されていて困っている。
  • 借地権を⼦供の代になる前に売却し、⾃分の代で整理しておきたい。
  • 突然、地主が変わり、地代の値上げを⼀⽅的に通知してきた。
  • 建て替えを検討していたが、地主の承諾を得られなかった。

※トラブル・裁判中でも対応可能ですので今すぐご連絡ください。

借地権の売却を検討している方へ

業界で唯⼀の⼊札⽅式(ポスティングシステム)で価格競争を実現!

借地権とは

そもそも「借地権」とは建物の所有を目的とする、地上権又は土地の賃借権の事を指します。ここでのポイントは建物所有を目的とすることが前提ということです。駐車場等で土地を借りる場合には借地権の設定はできません。 家を建てたいが、土地を買う余裕がなく、土地を借りて家を建てる…このような場合が借地権を利用する際の典型例になります。 土地を貸している地主を「底地人」、土地を借りている人を「借地人」と呼ぶこともあります。

さて、そんな借地権ですが、地主との関係でトラブルになるケースも多くあります。地代について、増改築について、契約更新について、さらには借地人が第三者に借地権を譲渡・売却する場合等が代表例です。また、相続が発生した際に相続人間で借地権についてトラブルになることもあります。

 

借地権を整理するタイミングというのは実はそう多くはありません。契約更新のタイミングや相続があったタイミングなど借地権を整理する一番良い時期は限られてしまいます。

一方で、借地権自体はいつでも売却することはできますので、売却を検討することも一つの手段といえますが、売却には様々なポイントがあるので注意が必要です。

※なお、「借地権」については借地権とはをご参照ください。



最適な売却⽅法を提案するために当社では買取りは致しません。

「当社の強みは、借地権を利回り物件として購入する国内及びアジアを中心とした海外の投資家を顧客として自社で抱えていることです。 加えて、独自の入札方式(ポスティングシステム)を活用し、仲介会社として売主様と買主様である投資家の方をマッチングできるため、売却することが難しい借地権の売却を早期に可能にしています。

自社で借地権を買取る場合には、少しでも安く買い取りたいという方針になってしまいがちです。そのため、売主である借地権所有者(借地人)様の利益に反するため当社では買取りを行わず、仲介業者という立ち位置を貫いております。

さらに、不動産鑑定士による調査報告書を作成することで売主様に最適な条件で売却が円滑に進むよう、借地権売却専門の仲介業としてお手伝いさせていただきます。他社の不動産仲介会社の場合は仲介手数料がかかるのが通常ですが、当社では売却が成立した際の仲介手数料を売主様からは頂きません。」

買取り業者との違いを見る