作成日:2017.08.22

無主物の帰属


【詳細解説】

民法239条1項:「所有者のない動産は、所有の意思をもって占有することによって、その所有権を取得する。」

2項:「所有者のない不動産は、国庫に帰属する。」

・1項が動産について

・2項が不動産について規定されています。

いわゆる無主物先占(むしゅぶつせんせん)の規定です。

 

この世の中には、誰のものでもない物というのは、多く存在します。

それが、動産だった場合、所有の意思をもって占有を始めることによって、その物の所有権を取得することができます。

 

誰のものでもない不動産の場合ですが、不動産は、所有の意思を持って占有を始めたからといって、所有権を取得することはできません。

 

不動産は、誰も所有権者がいない場合は、国のものとなります。

さすがに、不動産となると価値も大きいので、占有を先に始めた者が勝つということになれば、不都合だからと考えられます。

【詳細解説】
独自の入札システムで借地権・底地を売却