作成日:2017.01.17

地役権(ちえきけん)とは


地役権(ちえきけん)

意義:設定行為で定められた目的に従い、自己の土地の便益のために他人の土地を使用する権利


【詳細解説】

民法280条:「地役権者は、設定行為で定めた目的に従い、他人の土地を自己の土地の便益に供する権利を有する。…」

例えば、甲地への通路が狭く自動車が入れない場合に、乙地の一部を通行する権利を設定する場合(通行地役権)がこれに当たります。

地役権(ちえきけん)
独自の入札システムで借地権・底地を売却