作成日:2017.05.25

賃借権の登記で記載される事項


賃借権の登記で記載される事項

賃借権の登記で記載される事項はどのようなことでしょうか?

賃借権の登記で記載される事項

1、絶対的記載事項(=絶対に記載しなければならない事項)

・原因(登記の目的)

・日付

・賃料

・権利者(借主)の住所、氏名 

 ※受付番号等

2、相対的記載事項

・存続期間又は賃料の支払時期の定め

・賃借権の譲渡又は賃借物の転貸を許す旨の定め

・敷金がある旨

等は絶対に記載しなければいけない事項ではありませんが、トラブル防止のためにできるだけ詳細に記載しておくことを推奨いたします。


※なお、登録免許税に関しては…

賃借権設定の場合の登録免許税率は、不動産の価格(固定資産税の評価額)の1,000分の10

独自の入札システムで借地権・底地を売却